二次会で盛り上がるためにも景品選びは大切です。 景品の種類は二次会に参加する年齢層、性別の割合によって変わってくると思います。一方、プレゼントの数は人数によって左右されます。

ビンゴ景品


ちょうどよいと思えるくらいの数は、参加者の20%ほどが適切でしょう。つまり100人いたら20個のプレゼントを用意する、といった塩梅です。 ただし、ビンゴ大会を盛り上げるためにもスムーズな進行が必要です。 プレゼントの受け渡しなどで時間を食うこともあるので、二次会をスムーズに進行するためにも、司会進行に慣れていない場合は、なるべくゆとりを持ったものに調節すると良いと思われます。  しかし多くの人はなるべくビンゴ大会で良いものを持ち帰りたいと思っています。

盛り上げる


参加者がお金を出している二次会だとすると、プレゼントが参加者の20%だと不満も募ってしまうかもしれません。
その場合は予算の範囲内でなるべく良いものを買うのも良いでしょう。 また、20%と言わずに、参加者の3分の1に品物が渡るように工夫するのも良いかもそれません。 あるいはまだ予算に余裕がある場合、ビンゴに当たらなかった人のために、残念賞としての景品を用意したり、もう一度ビンゴ大会を実施するダブルチャンスの機会を設けるとさらに盛り上がるでしょう。 

二次会で盛り上がるためにも、ビンゴの品物に手間をかけることは大切です。
適切な運営をするためにも、参加者のニーズを理解して、楽しいビンゴ大会を行いましょう!